読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年!

ぼくはみていようはずっと見てきたのだ

驚くべきことなのですが,このはてなでブログを書き続けてはや干支が一周しました.

さすがに12年も経つと,自分も結婚したりとかして,かなり状況が変わってきている.
社会人になって11年目だし・・・すぐにクビになっちゃうかも,と思いつつやれることをやってきたら今の職場も11年か.
例のあれは・・・今テーマを変えて執筆中です.もうごにょごにょとしか言えない.長い目で見守ってほしい・・・.

2016年の振り返り

年初

2016年を振り返ってみると,うすもやの中に遠く見える心持ちである.
去年の今頃は,たぶん,夫の実家に挨拶に行っていて,同時に一緒に住む部屋を探しまくっていた.
出張に行きまくり,胃腸炎にかかりまくり,もうろうとしながら3月に引っ越し.
湘南地方の片田舎から,東京のブルックリン(?)である清澄白河を経て,この超有名な下町に・・・

bokuhamiteiyou.hatenablog.com

なんせ10年以上ブログを書いているので,もちろん今住んでいるところのあたりに来た時のこともちゃんと記録に残っている.

bokuhamiteiyou.hatenablog.com

このときも近所をうろうろしているなあ.

結婚

で,去年振り返りですけども,そのあと,結婚式場を決めたんだよね.
何の比較検討もせず,夫のが知っている北陸のリゾートホテルね.
https://www.instagram.com/p/BBo01puCuG5/
雪がいつもの年の半分しかないそうです。#Japan #niigata #toukamachi

遠いから打合せ全然しなかった.プランナーさんから来たメールの返事を返さなすぎて,今考えると申し訳なかった.

そして,4月に入籍したんだよね.

https://www.instagram.com/p/BDzdTDhCuJ-/
めでたい〜〜
なんだか遠い昔のような気がしてきた.

それで,必死に報告書とか書いてたり,島に出張したりしてたらあっという間に結婚式の日になっていた.
https://www.instagram.com/p/BGZTZNOCuNs/
先日の結婚式We got married on June 4th 2016 in Tokamachi, Niigata.

またも始まった恐ろしい調査

今年度は大規模な有病率調査をすることになっていて(まだ続いている),郵送調査,会場調査,訪問調査と対象者を絞り込んでの医師による訪問調査の3段階4種類の調査したんですよ.私は2013年に同様の訪問調査を担当したことがあるので,今回も訪問調査の担当になった、
そのおかげで9月から12月まで一瞬で過ぎ去りました。

今回の訪問調査は,2013年とほぼ同じ規模だったので、またあれをやるかと思ったら不安でイライラしてしまい,夫には迷惑をかけました.
2013年…記録しているかなーと探してみたら,あった.
bokuhamiteiyou.hatenablog.com
ちゃんと記録されていた.読み返すと私がかわいそう過ぎますね.
bokuhamiteiyou.hatenablog.com
この2つの記事,だいぶマイルドに書いているけど,実際はもっと地獄でしたね.

2016年の調査を設計するにあたり,2013年は具体的にどういう手順で行ったか思い出そうとしたんだけど,大げさでなく本当に思い出せなくて戦慄しました(記憶の抑圧).仕方ないから一緒に仕事した人を呼び出して思い出してもらったくらいだった.
まあそのくらい嫌だったんですけど,とはいえ2回目だから,同じ轍は踏まないというのを目標に,考え得る困難をできるだけ多く想定して慎重に進めていきました.前回の鬼のようなスケジュールに比べると期間に余裕があり,一部外の組織に作業を委託したりすることができたから、前回の泥水すするような戦いに比べると,相当善戦できたと思いますよ.

ほんと,2016年で一番感慨深いことと言ったら,この仕事ですね.終えられたことに感謝です。
もうやりたくない・・・でも忘れかけた頃に話が降りてくるからマジで怖い・・・

うーむ、2016年は引っ越しと結婚と調査の3点につきるなー.

一番親しい他人と暮らす

夫とは,普段は仲が良いのですけど,やっぱり衝突することもあって,自分ではどんなに注意深くしているつもりでも,関係が深まって近づいていけばいくほど,自分の未熟なところをぶつけることになって,夫を腹立たせたり傷つけたりしてしまう.逆に夫に腹を立てたり,言動に傷ついたりすることがあるが,結局は自分を見ているよう.夫との生活をとおして,本当の自分に気づく毎日です.反省・・・まあケンカしちゃうんだけどさ.
でも,10年くらい前から,慢性的に心に穴が空いて,スースーとしたさみしい気持ちがいつもあったのですが,結婚したらそれをあんまり感じなくなった.これは結婚してよかったと思うことの一番です.
男と女なんだけど,きょうだいのような,気があうけど,他人だから礼儀がないとやっていけない,みたいな,なんか不思議ですよ,夫婦はおもしろいです.そういう関係を味わえるようになったことが良かったことです.選んでくれてありがとう,夫よ.そして私もよい決断ができたね.よくやったね!

SPSSの小技:LISTコマンドを使ってケースを抽出する

SPSSを使ってデータをクリーニングしていると、変数と変数の間で矛盾したデータがあることないですか?
例えば、ある「疾患」の変数に「0」が入力されているのに、「病名」の変数に何らかの数字が入っているとか。
大体、クロス表を作っているとおかしいのがわかります。
じゃあ、そのおかしな「ケース」はどれなのか、「ID」の変数に入れている番号を出力させて探し出したいというとき、LISTコマンドが便利です。

TEMPORARY.
SELECT IF 疾患=0 and 病名=9.
LIST VARIABLES=ID.


このようなシンタックスを書くと、該当するIDの番号が出力結果に表示されます。

【例】

ID

273
278
280
299
300
305
324
329
331
345
346


Number of cases read: 11 Number of cases listed: 11

上の出力結果例のばあい、この11のIDがふってあるケースが、上の条件に当てはまるということになります。

このLISTコマンドは、下のリンクを見ると、計算させた結果を表示させたりとか、いろんなコマンドと組み合わせると便利に使えそうです。