自粛生活での気づき

自粛生活もはや2か月半以上になった。この生活をしてみて気づいたのは、私のもともとの生活とあまり変わらないということだった。常勤で働くようになったのがこの5年~6年くらいで、それまでは非常勤と常勤をふらふらした生活だったし、学生生活も長かったし、家で作業することが多かった。家族としか話さないことはざらだった。むしろ最近の方が定時に出勤しないといけなかったりして生活が窮屈だったし、普通じゃなかったんだな。コロナ後も時間と空間の裁量性の高い働き方ができるようになってほしい。残業代はいらないから年俸制にしてほしい。

通勤時間が短くなる分、時間に余裕ができるかと思いきや、そうでもない。ずっと自宅にいるので部屋が薄汚れてきて、床もべたべたしてきて掃除をまめにせざるを得ない。だらだら寝続けて昼夜逆転してしまうかと思っていたが、朝やりたいヨガなどの時間を確保したくて、意外と朝に起きている。自粛生活でもリズムを崩すまいと頑張っている自分に驚く。関連して、仕事をしすぎるかと思ったが、それもない。残業したいけど、外食はできないから自炊をしないとごはんにありつけない。もう一人の同僚(=夫)にだって送りたい生活がある。1LDKの家で一人だけ勝手な行動を取っていると相手に迷惑をかけてしまうから、お互い多少は気を使って生活のリズムを合わせているところがある。

もう一つ気づいたことがある。ファンデーションを塗らないと肌が元気になるということだ。何年も顔の表面がゴワゴワしていたということにようやく気付けた。それが常態だったからずっとわからなかったのだ。ファンデーションも肌には良くないだろうが、クレンジングはさらに悪かったのではないだろうか。そう気づいてしまったので、自粛生活中はできるだけ顔にはなにも塗らないようにしている。今はWeb会議でもすっぴんで参加している。4K8K映像だったら厳しいが、どうせ通信環境はひとそれぞれだし、多くの人には私の顔はぼんやりした映像としてしか見えないのだ。そういうところは力を抜いてしまおうという気持ちになった。

だいぶんこの生活に適応してきた。今、大変な状況にある方々に比べたら大したことない日々だが、個人的には今の暮らし方に慣れるのは苦労したので、またもとに戻すのは嫌だなという気持ちになっている。でも、次は緊急事態宣言解除後の社会生活に慣れないといけない。さらにこれから季節が厳しくなる。そんな環境で感染予防行動を取りながら、仕事や生活上の行動範囲をもとに戻していくっていうのは、神経をすり減らすことなのではないかなと思う。うーん、大変だなあ。

いのちを守るSTAY HOME週間【最終日】

11日目

11日目もほぼ家にいた。だがその前に10日目の深夜に起こったことも記録しておこう。就寝後、ウトウトし始めた2時頃に「キュインキュインキュイン地震です地震です」と緊急地震速報がけたたましく鳴り響き、心臓が口から出そうになりながら飛び起きた。千葉市震源で、私の家は震度3でした。マジ怖い。疫病だけじゃなく地震まで。やめてくれ…大仏を建立した方がいい、とツイートしてまた眠った。

そして11日目。ちょっと遅く起きてしまったが、ヨガをやって軽く掃除をしてからまた報告書に取り組んだ。書けないけどもう時間がないから書くしかない…という気分で取り組んだ。そしてついについに、報告書を書きあげた。11ページの大作になってしまった。唯一の共同研究者である上司に送って確認してもらっている。一人でやるような研究じゃないのよこれは。なのに一人でやるから辛かったのよ。ということで、夕方17時になってようやくオレのGWが始まったワケ。とりあえずゼルダの伝説をやりました。ゼルダたのしー!ゲームの中でめちゃくちゃに雷と雨が降っていて困ったんだけど(ゼルダの伝説では金属製の装備に雷が落ちるのでダメージを受けてしまう)、現実でもものすごい雨とともに雷がいくつも落ちて、シンクロしていてすごく不思議だった。疫病、地震そして落雷。これは天が怒り狂っているのでは…という気分にさせる。やはり大仏を建立したほうがいい。夕食後に牛乳を買いに外へ。5日ぶりに外に出た。そしてまたゼルダの伝説を楽しみました。GW楽しかったなー(7時間だけだったけど)。ハイラル王国は今日も風光明美でよかったです。明日からまた仕事です。