タロットの秘密

タロットの秘密 (講談社現代新書)

タロットの秘密 (講談社現代新書)

ゴールデンウィークに、へもいのみなさんと河原でピクニックをした時、しーなねこ氏がタロットカードを持ってきてくれまして、みんなでタロット占いをしました。
その時、タロットカードの本を読みながらみんなで占ったのがとても楽しく、タロットっていいな!と思ってカードと上の本を入手しました。
鏡リュウジ氏の本にしたのは、面白そうだったからだけでなく、GW後、鏡リュウジ氏と東畑開人氏の講演会を聴きに行くのでなにか著作を読んでおこうということで選びました。
こちらの本、3分の2はタロットカードの成り立ちですし、残りのカードの説明も、シンボルの歴史的背景なのでそこまでオカルトっぽくないです。むしろ学術的。
タロットカードの絵に採用されているモチーフのひとつひとつ、それこそ数字にまで意味があり、ヨーロッパの厚いサブカル文化の地層があるわけです。
購入後行った講演会は占星術精神分析のシリーズで「火星・怒り」というテーマでした。ギリシャ・ローマ時代の彫刻、ルネッサンス以降の絵画の中の怒りの表現の変遷など見せてもらったんですけど、やっぱりお約束があるみたい。
例えば怒り=マーズ=羊=サソリ…とか。日本では松と鶴はめでたいシンボル、というのとおなじですね。わかっているとさらに豊かなメッセージが読めるんですけど、知らないからピンとこない…。
タロットの表象もそうで、西洋の明文化されにくい文化を垣間見れてたのしいです。
あと、タロット発展に大きく貢献した薔薇十字団ていう結社が出てきて、「アッこれが薔薇十字探偵社の元ネタなのか!?」と興奮しました。

積んでいる本,読んだ本

去年の末からたくさん本を買っていて,たくさん積ん読している.
一方,読み切った本は少ない.
職場の本棚に読んでない本を並べておいたら,先日「小宮山さんの選書センスいいですね!」とほめられた.
ほめられてとてもうれしいが,これらは全部読んでない本です.
なので,「いつ読めるかわからないので,お先にどうぞ.読んだら感想を教えてください!」と言っていろんな人に貸している.
本末転倒です.

結構前だけど,一気に読んだ本はこちら.

オリバー・ストーン オン プーチン

オリバー・ストーン オン プーチン

オリバーストーン監督が3年くらいかけてロシアのプーチン大統領にインタビューした本.ドキュメンタリーの書き起こしとなる.
監督はプーチン大統領に対し,クレムリンやソチなどで繰り返しインタビューしている.
この5月,まさに,プーチン大統領は4期目が始まったばかりである.
シリアのアサド政権を一貫して支援しており,ロシア発のフェイクニュースが乱発されており・・・
というのが西側のニュースを見ている私たちの視点.
しかし,このインタビューを読むとそれがだいぶ違う様に見えてくる.
WW2以降,東側の雄として世界を牽引してきたソ連-ロシアの視点を私たちは知らない.
ロシアからみたアメリカの振る舞いはどうか,世界情勢はどのように見えるのかということがわかる.
また,プーチン大統領の仕事の仕方,サマリーは読まない,報告書にあたるようにするとか,毎日朝稽古をしてから執務をする,毎晩トレーニングルームで汗を流すとかそういうことが見えてきてびっくりする.
おい,こんな人間に勝てるわけ無いわー.安倍首相とか赤子の手をひねるより簡単にコントロールできるのでは・・・
とてもおもしろいです.プーチンかっこいいわと思います.怖いけど.
実際動いているとまた伝わってくるものが違うと思うので,ドキュメンタリーもみたい.

職場の人にこの本を薦めたら,「オリバーストーンがプーチン提灯持ちになったって有名なあれですね」と,いいかんじにライムを刻んできたので,もう一冊読んでいます.

プーチンの世界

プーチンの世界

これはアメリカの研究者が書いた本で,プーチンの経歴だけでなくそのペルソナについても分析している本です.
まだ1章しか読んでないんですけど・・・
本の厚さに比して軽いのがチャームポイントの本です!印刷技術の発達を感じさせるなあ・・・
(何の感想にもなっていない)

次,本を読んだらまた記事を書きたいです.