読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近楽しかったこと

仕事きついわ―という日記しか書いてない。
まるで地獄のミサワだわ。
だから、少ないながらも、最近あった楽しかったことを思い出して書いてみる。

1.ジェーン・スーさんのサイン会に行った

私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな (一般書)

私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな (一般書)

リタさんに声をかけてもらって、ジェーンスーさんの処女作「私たちがプロポーズされないのには101の理由があってだな」の出版記念トークショーとサイン会に行くことができた。
妙齢で悩み多き2013年、ジェーン・スーさんの書いた記事出会い、読み、ひたすら納得し、擦り切れるくらい膝をポンポンたたき続けてきたのさ。

他にもパンチラインの利いた文章がたくさんだよ!
当日は、仕事で20分くらい遅刻してしまったのだけど、無事教祖?のご尊顔を拝することができてよかったです。
でも、サインしてもらう時には、何も気の利いたことは言えませんでした。。。
あと、私の隣に座っていた女性なんですが、私が繰り返して読んでいるこの記事の筆者の方ではないかと思っているのですが…

この記事はブックマークして、さびしくなって頭がおかしいとき、繰り返して読んでいる。
実はネット検索技術を駆使して、ジェーン・スーさんとこのメロマイさんがどうもお友達ということを突き止めている。(ストーカーみたいですいません。)
やはり、類は友を呼ぶのかな。どちらも素晴らしいです。

2.ファミレス女史会をやった

仕事が忙しくなる直前に、ファミレスに妙齢女史が7人くらい集まって、いろいろとおしゃべりしたのであった。
その時の様子はtogetterにまとめました。

3.なおさんと下北沢で語りあう(ダヤンがスペシャルゲストでやってくる)

仕事の修羅場期間が少し過ぎたころ、仕事帰りに下北沢で、なおさんと一緒にごはん食べておしゃべりした。
さらに、オーケストラの練習帰りのダヤンさんも来てくれて、とても楽しい会になった。
二人とも、1.のジェーンスーさんの本を読んでおり、「未婚のプロ」のことについて語り合った。
妙齢は考えないといけないことが多くてたいへんね。

4.第2回なおさん誕生日会と俺のおこめまつりを開催した

今年も#なお誕と俺おこを開催することができた。
このことについては、別に記事を書こうと思う。

5.ハカセの就職祝い会に参加した

へもい界隈の出世頭、ハカセ氏(砂漠のリアルムシキング)が、京都大学の白眉プロジェクトの助教となることが決まったということで、リタさんが音頭を取り、五反田の渋い居酒屋でお祝いの飲み会が開催された。
聞けば32倍の倍率だったそう。うわあ。
ハカセはたくさん論文を出していて、ほんとすごい。
その研究をまとめ、一般人でもわかりやすく読める科学読本にしたものがこちら。私も読んだけどとても面白かった!

孤独なバッタが群れるとき―サバクトビバッタの相変異と大発生 (フィールドの生物学)

孤独なバッタが群れるとき―サバクトビバッタの相変異と大発生 (フィールドの生物学)

みんなで飲みながら、へもい界隈の結束は強いね、という話になった。
お互い都会で生きる、背景も職業もまるで違う赤の他人同士だけども、まるでいとこのように集まっては楽しい時間を過ごせることって、奇跡のような気がします。