読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

囲碁に夢中

ここ1カ月くらい、ずっと囲碁をやっています。
気が付いたら夜中の1時とかたまにあるくらいはまってます。
こんなに時間泥棒なゲームは、最近だったらLINE POP以来ですけど、そのくらい夢中で取り組めます。

そもそも、囲碁に興味を持ったのは、盆に姪っ子が子供用の囲碁を誕生日にプレゼントされていて、それを使って遊んだから。

ななろのご ([バラエティ])

ななろのご ([バラエティ])

しばらくたってから急にやってみたくなって、9×9の盤面の対戦アプリを入れました。

※リンクはPC版
これは、知らない人と対戦できるアプリで、持ち時間も3分だし、さくっと打てて面白いのです。

でもしばらくルールを誤解していて、石をいくつとれるかを競うんだと思ってました。
このアプリに参加してる人たち、時間切れまで石を置きまくるからさ…
もう一つコンピューターと対戦するタイプのアプリも入れみて、初めて石取りゲームじゃないんだ!ということに気づきました。


ウィキペディアの記事を読んだら、このソフトは北朝鮮で開発されたらしい!おどろき。
銀星囲碁 - Wikipedia


で、改めてルールを確認したら、囲碁は陣取りゲームであることが分かったのです。

だけど、基本ルールを押さえても「なんでこういう打ち方でこんなに大量失点するのかわからない」ということばかりで、現在のところ、勝率8%くらいじゃないかな。負けまくりです。
ですが、たまーーに勝つこともある。そういう時はコンピューターの癖がふとわかってくるような気がする。
だんだん、勝てる打ち方がわかるようになってます。

それにしても、打ち方に自分の性格が出ますね。
目先の利益に惑わされて対局を見誤るという性格がね。
本当は定石っていうのを覚えたほうがいいんだろうけど、私、反復練習が大嫌いなんだよね…*1
なので、コンピューターと戦いまくって、反射で盤面を覚えていきたいと思います。
半年修行したら、いつの間にか打ち方が身に着くってyahoo知恵袋に出てたし。
長い通勤時間は修行の場です。
毎日楽しい!

*1:ピアノとか、古文で助詞とか活用形を覚えたりとか、英単語の暗記もだけど、あらゆる反復練習に挫折した人生だった。