なんだかんだいって、結構遊んだ。

4月29日

前の日、仕事帰りに職場の人たちと焼き鳥を食べに行ったので、この日は遅くまで寝ていたなあ。

4月30日

友達が、フリマに出品すると聞いたので、千駄ヶ谷まで行きました。だけど寝坊したので、ついたのが2時ごろ。1時間半くらいで閉店の時間になってしまった。だけど天気はいいし、目の前は藤棚があって藤の花が満開だし、他の友達の赤ん坊が予想以上に大きくてかわいいしで、ゆるゆると時間が過ぎてとても気持ちよかった。帰りに世田谷のサイゼリアで4時間くらいしゃべった。店員さんに「もうそろそろ・・・」と言われてしまうくらいでした。

5月1日

5月1日の日記をご参照ください。

5月2日

午前中は国民健康保険に加入しに役所へ。しかし、いろいろ不都合があり、ずっと待たされ、結局加入できなかった。国民年金はお金のある今のうちに、と思い、1年分払っておきました。ちょっぴり1ヶ月分の額が上がっていた。これから毎年280円ずつ上がるんだって。震え慄きました。
12時ぴったりに仕事場に着いた。おそらく一人くらいしかおらんだろうと思って研究室に入ったら、全員いたので、震え上がった。そして既に机の上に「○○協会の××さんから電話がありました」というメモが。ますます震え上がった。そしてメールチェックもそこそこにミーティングが…気づいたら2時間経ってた…腹が鳴ってた…。その後も仕事がたくさんありましたが、イキイキとこなしましたよ。しかし、忙しいのはよいが、腹が減るのはどうもだめですね。

5月3日

学部時代のゼミの人と「若者ぶりナイト」をしました。若者ぶりナイトとは、『おされな街にて、おされ食べ物を食べたり、おされカフェとかに行って、若者らしくオールでだらだらしたりしなかったりする』というコンセプトの集いです。2日前に「やろう」とメールを出しまくったのだけど、そんな直前にもかかわらず(そしてわけのわからんコンセプトにもかかわらず)、3人も集まってくれたよ。感謝感謝。
場所はおされで旨い飲食店が集まる恵比寿のもつ鍋屋が一次会。しかし、もつ鍋屋は若者、というよりは、おやじだった。もつ鍋は本当にうまかったです。また食べたい。次はちゃんぽん玉を替え玉したいと強く思いました。
二次会で連れて行ってもらったカフェーはとてもおされくさかった。レコードのジャズがかかり、自由業な感じの若者店員さんがゆびぱっちんしながらアイスチャイを運んでくれたり、カクテルを作ってくれたりする、それはもう、雰囲気のよいおされ具合であったよ。『都市に住む若者は、こういうところで友人たちと集って楽しむのか』と、感心した。周りは若者だらけだった。現場を見ることが出来て満足。
三次会は既に0時を回っており、深夜歩いて代官山を抜けて、渋谷の方に行ったよ。深夜友達と街を歩く、っていうのも、若者っぽくて素敵だった。とにかく開いているところを、と入ったカフェバーは、代官山Air?という有名(らしい)クラブに併設されているところでした。そこでだらだらお喋りしました。深夜だと言うのに、若者どもがどんどん入ってくるし、おされな格好した人がたくさんいるし、外国から来た人たちもたくさんいるし。『都市に住む若者は(以下同文)』と、いやまったく、勉強になったよ。
四次会は新宿のマックで朝ごはんでした。朝日は徹夜明けにまぶしかった。そしてごみを狙って低く飛ぶ新宿のカラスどもに見透かされているように気持ちになりました。すいません。一晩中遊んでいました。でも楽しかったです。

5月4日

朝帰ってきたら、玄関先で父が仁王立ち・・・と思いきや、「朝帰り〜」と自作の歌を歌いながら、なぞめいた踊りをしてくれた。逆に朝帰りを深く反省してしまった。

5月5日

あてどないドライブをした。海の方はどこもいっぱい。結局家の近くの喫茶店でお茶して帰ってきました。なんじゃそら。

そういうわけで、明日からもがんばろうと思う。

結構、遊んだなー。あ、K心理学会発表のために、もう一度データと向き合おうと思っていたんだった。それやらなかった。土日にやろう。うんうん。