今年をまとめたい

紅白ももう、ドリカムですよ。今年をまとめようかと思って、日記を読み返してみた。1月…2月…3月…
『あたい、あたい…ほんとにかわいそうジャン!!』
激しく仕事に翻弄されていて、気の毒な人でした。かわいそう(自分なんだけど)。あのころのイライラピリピリした気分がわあっと湧き上がってきて、ちょっと疲れた。
4月…5月…6月…終わってしまった研究事業の報告書をイヤイヤ担当したんだよなあ。嫌だったなあ。嫌ってゆうか、虚しかったなあ。
7月…8月…9月…日記にはあんまし書けないようなことが職場に起こって、憂鬱だったな(だからあんまり内容のあることを書いてない。)。あと、その余波で、4月から担当していた仕事を止む終えずはずされ…仕事がうまくまわるようなシステム作りに毎日頭をひねっていたのだけど、成果が出ないまま身をひくことになったので、はしごがはずされた感じがしたものだ。ちょっと気が抜けたね。
10月…11月…嗚呼。私の鬼門、某資格試験に落ちたのであった!やっぱり気が塞ぐ…現在、ようやく向き合えるようになったけれど、思い返せばあのころは苦しかったなあ。
12月。ようやく落ち着いた日々。ドイツに旅行に行ったよ。初の欧州は感動した。次は個人旅行でじっくり見たい。
目に付く起こったことを拾い上げるとこんな感じ。今年一年を象徴する漢字は「憂」だな…何と不景気な…。
でもいいこともあった。職場の人に昨年1年間の奮闘を認めてもらえたし、また同じ職場で働かせてもらえた。後半からは講演会講師など、今までの自分からは想像もしなかった役割を与えられて、新しい経験をさせてもらったよ。自分もやればできるんだなあと思えた。そう、合コンにもたくさん呼んでもらえたし。あんまり成果は上がってないかもしれないが、場慣れしてきた(と思う)からいいとしよう。昨年末の圧倒されていた状態から比べると大した進歩。
さっぱりだったのは仕事(研究)。「どうしようどうしよう」と言っていながら、結局投稿しなかった。試験もそうだけど、今年一年は自分のキャリアに全く!残せる成果が作れなかった。猛省。でも反省だけならサルでもできるんだよね。ああ、2007年はがんばらないと。