また外出自粛になった

コロナ以前だったらオリンピック開会式のはずであったこの4連休だが、東京筆頭に大都市圏では再び感染拡大が始まっており、東京では都知事が連休の外出自粛を要請した。


国がGoToキャンペーンの第1弾で旅行を補助しようとしていたが、ちょうど感染が広がるタイミングと重なってしまった。地方自治体の首長がキャンペーンに伴う感染の拡大を懸念し、世論もキャンペーンへの懸念が高まり、結局、東京都民と東京都への旅行は対象外となった。対象外になったらなったで、キャンセル料の補償はしないとか、一転、するとか、キャンペーン事務局は実はまだ開設されていないとか、今ちょうど時給1500円で事務所の問い合わせ要員のアルバイトを募集してるとか、とにかくめちゃくちゃなことが見えてしまってイライラする。
何が腹立たしいって、私がせっせと勤労して得た年収の25%は税金に差っ引かれて、その上消費税などもろもろも持っていかれているのに、政府が湯水のように血税を自分たちの失政のしりぬぐいに使っていることである。ニュースを見ているとイライラが止まらないのでテレビを見るのをやめた(ついでに言うとテレビもそういことを全く追求しないので腹が立つ)。

そこでね、ゲームですよ。

心を鎮めるため、最近はせっせとゼルダの伝説ブレスオフザワイルドをやっています。
心がおちつくわー。年初に夫が買って、最初は遠巻きにゲームのプレイを見ていただけだったのですが、やってみるとえらく面白くてドはまりした。
オープンワールド」というタイプのゲームで、それだけで20年ぶりのゲーム体験としては驚くのですが、キャラクターのアクションの自然さ、世界観の強さ、一人一人のキャラクターの背景の深さ、自然の描写のすばらしさ、全部がすごいんだよなー。
本当に自由なので、ゲームをスタートさせて30分くらいでラスボスまで倒すことも可能とのこと(そういうジャンルを競う世界を初めて知った)。

そんなわけで、出かけられない憂鬱さをゲームの世界が癒してくれます。

youtu.be

以前、フランスの精神科医が、PUBGというゲームにはまって課金しまくり、学校に行けなくなった子に、ブレスオブザワイルドを処方した、というニュースを読んだのですが、記事が見つからなかった...なので、もうひとつの似たエピソードがあったので紹介します。
automaton-media.com
わかる。癒されるよね…(二度目)。
私もメインストーリーをすすめないで、ずっと山を登ったり、空を飛んだり、雪山をぶらついたり、夜の砂漠を走ったりして過ごしている。楽しい。どこまでも行けるリンクの体幹がすごい。
でもそろそろ進めないとな…ゼルダ姫が気の毒なので…。またゼルダ姫がいい子なんだよな…努力家で…。時々挟まれるムービーを観ては涙ぐんでしまう。…中年なので…。

2019年6月に続編を制作中というお知らせがあり、めちゃくちゃ楽しみにしているのですが、全然その後の話が出てこないので、2021年くらいになるのかも。楽しみだな…それまでにはアクションをもう少しましにしておかないといけないな。

youtu.be