列車は止まらずそのまま走り続けている

いやー、東京オリンピックまで、いま公式サイトを見たら68日って書いてありました。現在のところ、まだ開催の方向で話が進んでいる。本当に?正気?と思う。
緊急事態宣言は延長され、5月末までとなった。
オリンピックをするならばワクチンが必須だが、国は「ワクチン1日100万回接種」などと高い目標を唐突に掲げてみるものの、結局現場に全部お任せしているようす。
大都市であればあるほど難しいだろうなと思う。
仕事でお会いする高齢の人たちは、どうにかこうにか予約を取っているっぽい。
ある人は、かかりつけ医に受診した時「ワクチンの予約取っておく?」と言われて来月頭に1回目の予約が取れたらしい。
ある人は、かかりつけ医が総合病院だったため直接予約できず、予約センターに電話をかけまくってようやく予約できたとのこと。だけど予約はお盆明けらしい。
またある人は、ワクチン接種を希望したが、「あとから連絡するから」と言われて帰ってきたみたい。(この人は耳が遠いし認知機能も少し落ちているから後回しにされそうで心配…)
情報通の人が、「医院に割り当てられるワクチンの量があるのと、医者の考え方がばらばらで、積極的に摂取していこうという人と、免疫を持つ人が増えていけば流行が収まるのだから、という考えでそこまで積極的ではない人と色々みたいなのよ」と横から解説してくれた。
こんな感じなんだけどどうなんだろう。いつ大丈夫というくらいの人数に摂取できるのかな。
本当にオリンピックを開催するのかな…。